母親入院から3日目・・・。

施設に会いに行っても繰り返し同じことを言うう様になっていましたが、
まだ、そ
の場での会話はできていました。
3日前に入院をするときも、施設から連絡あり、ベッドから
起きてこないし、水も飲まない!と言うことで、
救急車を呼んだのですが、本人、どこも悪くないと、
言い張り、救急隊員を困らせました。

救急で診察をしてもらったところ、6年前に大腸ガンの手術を
した時にすい臓に気になる部分があるけど、様子を見ましょう。
年齢も年齢だし・・・。

それが、大きくなって胃を圧迫して胃から下に食べ物が落ちていかない。
ヘルニアが問題かと思っていましたが、実は、大きくなった腫瘍が
問題の様です。

年齢のことはもちろんですし、膵臓ということで検査もままならず。

担当医から説明を受けましたが、手術をするかどうかの
選択となりました。

入院から3日目の母の姿を見ましたが、もう、3日前の母では
なくなっていました。

食事ができませんから点滴で栄養の補給。寝たきりになってしまい、
もう、声をかけても何を話しているかわかりませんし、
車椅子に座って同じことを何度も話す母親とは、別人の
寝たきり姿になっていました。

昔から、ボケ始めたら、環境変えると良くないよ!と、
よく聞かされていましたが、こういう事なんだ!と。

長男とも、手術をして、回復を願うことも考えましたが、
入院する3日前に回復することも難しそうだし、
それがうまく行ったとしても膵臓ガンだと半年余命。

苦しい手術と、手術のリスクを考えると、
無理をしない様にという選択をしようと、考えています。




この記事へのコメント

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村